ズワイガニ

 

ズワイ蟹は、クモガニ科のカニです。ずわい蟹の雄は甲羅が約15cmあるのに対し、メスはその半分程度しかありません。ずわい蟹は主に日本海側で捕れ、11月〜3月頃に集中して水揚げされます。「ズワイガニ」の名は、足がまっすぐで細いことから、その脚の形状を木の枝に例え、枝を意味する「楚(すわえ)」から楚蟹(すわえがに)⇒ずわいがに、となったと言われています。しかし、このずわい蟹、水揚げされる地域によって呼び方が違い、福井県産のものを越前ガニ、石川県産のもを加能ガニ、山陰地方では松葉ガニ、京都では間人ガニと呼ばれています。しかし、これらはすべてズワイガニのなかでもオスのことだけを呼び、雌コウバコガニ、セイコガニなどと呼ばれています。小さいから呼び方も区別されていますが、味は押す同様によく、非常に人気が高い蟹です。

 

ずわい蟹は成長する過程において幾度も脱皮を繰り返します。脱皮の回数が多いものほど身が詰まっっており美味しいとものとされています。この脱皮回数を調べるには、甲羅の黒い斑点の数が多いほど、蟹の実入りが良いという目安になっています。

 

ずわい蟹の食べ方
ずわい蟹は鍋など、身を茹でて食べる事が多いですが、焼き蟹もおいしく、新鮮なものは生のお刺身としてもいただけます。身以外でも、かにみそや雌の卵巣もいただけ、珍味として知られています。