ボイル後冷凍された蟹の解凍方法

※カニ1匹(姿)、カニ足・カニ爪・肩肉(ポーション)など、すべての蟹に共通します。

 

自然解凍する場合
カニの身が乾燥しないようにラップで包み、
甲羅側を下にして深めのお皿に置いておきます。
解凍は完全に行わず、八分目ほどを目安に、ゆっくりと解凍して下さい。
20度前後の室温の場合で、3〜4時間程度で解凍できます。※蟹の重さによって前後します

 

冷蔵庫で解凍する場合
カニの身が乾燥しないようにラップで包み、甲羅側を下にして深めのお皿においておきます。
解凍は完全に行わず、八分目ほどを目安に、ゆっくりと解凍して下さい。
目安として、8時間〜半日程度で解凍できます。※蟹の重さによって前後します

 

 

注意!!
カニを完全に解凍してしまうと身がパサパサになり、
カニ本来の風味が損なわれます。必ずラップ等で包み、八分目を目安に解凍するようにしましょう。

 

 

生蟹を冷凍させたものの解凍方法

※解凍後は加熱調理してから食べるようにしましょう。

 

水を流しながら解凍させる

 

カニをビニール袋に入れ、流し台に置き、直接水がかからないようにして流水で半解凍します。
途中で一旦袋から出し、足の間等についている氷を外してから、再度袋の中で解凍すると更に短時間で解凍できます。
解凍にかかる時間は1〜2時間程度です。解凍したらすぐに調理するようにしましょう。

 

 

注意!!
生のカニは解凍して時間が経つとカニの体液が酸化することによって黒く変色します。
食べても問題ありませんが、カニ本来のうまみや風味が損なわれてしまうので、
解凍するときは、時間のかかる自然解凍は避け、一気に短時間で解凍させるようにしましょう。